ニキビについて - アクネロジーの口コミでわかった!アクネロジーはニキビケアに有効か?

ダブル洗顔しないと不安!?洗いすぎてニキビが出まくる悪循環のからくり


メイクをする女性で、”ダブル洗顔しないと不安”と思っていませんか?

ダブル洗顔とは、メイク落としをしたあとに、もう一度普通に洗顔することなんですが、これって肌を2倍痛めているという事に早く気づいたほうがいいです。



若い時はダブル洗顔しても、肌のターンオーバーが正常で新陳代謝が良いため、ダブル洗顔が肌を痛めているということが実感できないでいると思います。


しかし、ダブル洗顔をし続ける行為は、確実に肌細胞を早く痛めることになります。

20歳を過ぎた頃、それが如実に出てきますよ。


「あれ、毎日きっちりとダブル洗顔してメイクを落として、汚れも皮脂も落としてるのに、シミや小じわが・・・それにニキビまで。思春期にはなんともなかったのに、なぜ大人になってニキビが出るの?」


こうなるともう、肌を改善するためにいろんな化粧品を買いまくる、スキンケアジプシーの仲間入りをしたようなものです。


肌というのは、水洗いしただけでも実はダメージを受けます。

もちろん、肌にメイクや汚れ、ホコリ、ばい菌、ウイルスなんかがついていれば、それはもっと肌にダメージが強い・・・だから洗顔するわけですよね?

であれば、潤いはちゃんと残して、肌に必要のないものだけを落とせばいいわけです。


わざわざダブル洗顔して2回も肌にダメージ与えるようなことせずに、確実にメイク汚れを落とせるよう、

ダブル洗顔が不要で、潤いはちゃんと残すクレンジング剤

を使えば、肌のダメージも1回で済みます。


肌に不要なメイク、汚れ、ホコリ、ばい菌、ウイルス、そして古い角質や皮脂はきちんと落とし、必要な皮脂や新しい角質はちゃんと残す。

これが肌の正常なターンオーバーを維持する方法です。

ダブル洗顔で必要な皮脂まで洗い流してしまうから、肌がくすんで乾燥し、そのぶん過剰な皮脂分泌が起きて毛穴につまってニキビに発展するわけですから。


メイクをしない男性で、毎日水洗いしかしない人は中年になってもきれいな肌してますが、本当はあれが理想なんです。

でも女性はどうしてもメイクをするので、クレンジング剤を使う必要があるのですが、なるべく肌のダメージを抑えようとすれば、ダブル洗顔などといった手荒な事はするべきじゃないんですよ。


出来る限り肌には刺激を与えないこと、年齢を重ねると、この差は如実に現れてきます。

どちらかというと、洗顔に一生懸命になるよりも、保湿に力を入れるほうが肌の健康は保てるんです。



ニキビと背中ニキビは違う?同じ?


ニキビは顔だけでなく、胸元・肩・背中・おしりなどにもできます。

これらは、顔にできるニキビとおなじ原理でできます。

顔のニキビも、胸元にできるニキビや背中ニキビも、皮脂腺が多く皮脂の分泌が多い事がニキビの原因の一つです。

しかし、顔の場合は目立つし、常に出ている部分なので皆、気にして治そうとしますが、背中ニキビの場合は普段は衣服で隠れています。

そして、背中ニキビは自分ではわかりづらいという難点があります。

背中ニキビは、実は他人のほうがよく見えているのです。


実際、水着を着た時に友達から指摘を受けたり、結婚式やパーティーで背中の大きく開いたドレス等の試着をした時に、スタイリストさんからエステをすすめられたりして気づく人、多いのではないでしょうか?


背中や胸元、おしりなどのニキビは広範囲にわたるので、顔用のニキビケアは大変使いにくいという欠点があります。

また、顔用のものを使うと、コストパフォーマンスが悪くなるため、費用がかかりすぎるという欠点も。

胸元や背中ニキビ、もちろん肩もお尻のニキビにも、広範囲に塗れる背中ニキビ専用のジェルがあるので、肌を出す機会の多い夏は、背中ニキビ専用のジェルでキレイなツルツルお肌で、人の目を気にせずに夏を楽しみませんか?



男の価値は背中で決まる!男の背中ニキビにもジュエルレインを!


アクネ菌はいる?いらない?

アクネ菌というと、ニキビに悩んでいる人の「敵」のようなイメージがありませんか?

実はアクネ菌は、肌を外敵から守ってくれる皮脂を作り出すのに絶対に欠かせない菌の一つなんです。

つまり、普段皮膚が少々汚いものに触ったり、ウィルスや細菌がたくさん存在している外気に触れても大丈夫なのは、皮脂がうっすらと皮膚表面を守っているから。

その皮脂を正常に作り出すのには絶対に欠かすことができないのがアクネ菌です。

ただ、食生活が乱れたり、夜更かしを続けたり、何日もお風呂に入らなかったりすると、ホルモンバランスが乱れたりばい菌や細菌が毛穴にまで入り込んだりします。

するとアクネ菌が異常に繁殖したりするときがあって、その時に出す老廃物などが毛穴を詰まらせてニキビに発達したりするわけですね。

アクネ菌は敵ではなく、味方。
でも、きちんとした規則正しい生活をして上手に飼い慣らさないと、アクネ菌の異常繁殖という逆襲を受ける事になるんですよ。

とはいえ、思春期はどうしてもホルモンバランスが崩れやすい時期ですから、アクネロジーでしっかりとアクネ菌の活動を抑えるような肌環境を作り出してあげましょう。





.
レンタルサーバ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。