ダブル洗顔しないと不安!?洗いすぎてニキビが出まくる悪循環のからくり - アクネロジーの口コミでわかった!アクネロジーはニキビケアに有効か?

ダブル洗顔しないと不安!?洗いすぎてニキビが出まくる悪循環のからくり


メイクをする女性で、”ダブル洗顔しないと不安”と思っていませんか?

ダブル洗顔とは、メイク落としをしたあとに、もう一度普通に洗顔することなんですが、これって肌を2倍痛めているという事に早く気づいたほうがいいです。



若い時はダブル洗顔しても、肌のターンオーバーが正常で新陳代謝が良いため、ダブル洗顔が肌を痛めているということが実感できないでいると思います。


しかし、ダブル洗顔をし続ける行為は、確実に肌細胞を早く痛めることになります。

20歳を過ぎた頃、それが如実に出てきますよ。


「あれ、毎日きっちりとダブル洗顔してメイクを落として、汚れも皮脂も落としてるのに、シミや小じわが・・・それにニキビまで。思春期にはなんともなかったのに、なぜ大人になってニキビが出るの?」


こうなるともう、肌を改善するためにいろんな化粧品を買いまくる、スキンケアジプシーの仲間入りをしたようなものです。


肌というのは、水洗いしただけでも実はダメージを受けます。

もちろん、肌にメイクや汚れ、ホコリ、ばい菌、ウイルスなんかがついていれば、それはもっと肌にダメージが強い・・・だから洗顔するわけですよね?

であれば、潤いはちゃんと残して、肌に必要のないものだけを落とせばいいわけです。


わざわざダブル洗顔して2回も肌にダメージ与えるようなことせずに、確実にメイク汚れを落とせるよう、

ダブル洗顔が不要で、潤いはちゃんと残すクレンジング剤

を使えば、肌のダメージも1回で済みます。


肌に不要なメイク、汚れ、ホコリ、ばい菌、ウイルス、そして古い角質や皮脂はきちんと落とし、必要な皮脂や新しい角質はちゃんと残す。

これが肌の正常なターンオーバーを維持する方法です。

ダブル洗顔で必要な皮脂まで洗い流してしまうから、肌がくすんで乾燥し、そのぶん過剰な皮脂分泌が起きて毛穴につまってニキビに発展するわけですから。


メイクをしない男性で、毎日水洗いしかしない人は中年になってもきれいな肌してますが、本当はあれが理想なんです。

でも女性はどうしてもメイクをするので、クレンジング剤を使う必要があるのですが、なるべく肌のダメージを抑えようとすれば、ダブル洗顔などといった手荒な事はするべきじゃないんですよ。


出来る限り肌には刺激を与えないこと、年齢を重ねると、この差は如実に現れてきます。

どちらかというと、洗顔に一生懸命になるよりも、保湿に力を入れるほうが肌の健康は保てるんです。



レンタルサーバ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。